Entries

スポンサーサイト ( コメント : - )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫さんの室内飼いについて ( コメント : 0 )

杉並保健所主催、動物愛護週間講演会「動物愛護をたのしもう」に行ってきました。

第一部 西山ゆうこ先生(ミグノンペットクリニック獣医師)によるご講演では、先生は「99.9%の猫が室内で幸せに暮らせると信じている」と仰っていました。(個人的には残りの 0.1% にめちゃくちゃ興味があったのですが、話すと長くなる、という理由でその点は伺えませんでした

室内飼いで工夫すべきポイントのスライド:




 わたしが初めて猫を飼ったのは預かりさんとしてで、それまでの人生、猫に好意・興味一切なし、敵意あり、知識全くなしでした。犬の預かりで登録をしていたのですが、仔猫シーズンで預かり手が足りなく、なんだか預かることになってしまった…。

 猫の知識ゼロ、ですよ。仔猫なんて生まれて初めて手のひらにのせましたよ、その時に…。

 しかし、というところから始めた割に振り返ってみると色々スムーズだったな、と思います。

 今日、先生のお話を聞いて、そっかー と。
 預かりを始めた時は今よりもずっと狭い所で暮らしていました。マンションのたかだか2階でしたが、リビングに腰高の広い出窓があり、視界を遮る建物がなく、緑いっぱい、景色がよかったのです。(それがそのマンションに決めた理由でもありました。)陽当たりもよくて、お猫様方はみな、そのスペースが大好きでした。
 当時は狭くてごめんよ…と思っていましたが、狭い家でも、にゃんこにとってはなかなかの空間でみなご機嫌だったのですね!

 今の家も、建築家の「時代遅れ」ということばに耳を貸さずに出窓をつけてもらって外が見えるようにしてあります。

 猫の楽しみは「ビジュアル」なんです!と強調されていました。
(スライドの2番は1番とセットで、鳥が遊びにくる様子を猫に楽しんでもらうための工夫。)

 もちろん、上下運動も欠かせないと思いますが、可能なようであったら、お外が見えるように家具の配置などで工夫をしてあげると、様のハッピー度が上がってよいかと思います。
 

SAKU 甘えん坊タイム ( コメント : 0 )

朝、ベッドの上で目を覚ますと、身体を起こす前にどこからもなくわらわらと毛玉が大家を取り囲みます。
さくちゃんもその輪にしっかり参加し、盛大にごーろごろ言ってくれます。




ちゃんとした人間ぽくない大家ですが、普通の人のように腕が二本しかなく、二本の腕で毛玉4玉を可愛がるのはけっこう至難の業で、たまに足を導入したりしながら朝一のお勤めを行います。


さくちゃん、まったりしている時もなでなで(腰回り中心)を楽しめるようになってきました♡
まだお顔まわりは照れくさそうですがきっと新しいおうちでもっともっと甘えん坊になるでしょう♡




SAKU & BOLT ( コメント : 0 )

言霊信奉者として、二毛玉さんたちにはいつも「仲良しだねぇ〜。」と声かけをしておりますが、一般的に仲良しとは呼べない二毛玉さん。

じゃあ、仲が悪いのかと聞かれれば、それも違っていて、なんだかんだなんだかんだ近くにいます。







リバース。




(たぶん)ストレスでちっちゃなハゲができたこともあった咲ちゃんですが、4ヶ月でメゾン内毛玉バランスも取れ、元気にやっています。ストレスでハゲなんてかわいそうなんですが、それに対して飼い主が「かわいそうかわいそうかわいそう」オーラを出しても、物事は改善されませぬ。

大家もストレスからの十円ハゲ系統なので(もう卒業しましたけどね!)分かるのですが、本人別にそこまで、ではない。ハゲなんざ放っておけば治るし。

ハゲるほどがんばってるにゃんこを徹底して可愛がるのみ!


ピカピカさくちゃん、お届けしますよ〜。


SAKU & HOMARE ( コメント : 0 )

さくちゃん、とにかく好奇心の塊です。

ほまちゃんのことも気になって仕方がないのね。
寝てるところを、フンフンしにいって「ぎゃんぎゃんぎゃん!」と怒られ追いかけられても、あらよっと、と涼しい顔でまた同じことが繰り返されます。



「ぼく卒業式、何着よう。」

(何も着ませんよ。)

SAKU お届けまで… ( コメント : 2 )

気のせいでしょ!

と言われてしまえばそれまでなのですが、咲ちゃん、明るくなったというか、より元気になったというか、浮かれてる?!ような気がします。

今まで一度もしたことのない、自分の長い尻尾を追ってぐるぐる回ってみたり。
仕事をする大家のお尻に張り付いてみたり。
ハッピーな気持ちを持て余しているみたい。




お野菜入れの中に入ってみたり。

お届けまでの様子もアップしますね♡ 

SAKU 咲ちゃんに名字ができます♡ ( コメント : 7 )

嬉しい、嬉しい、ご報告

そうです。

咲ちゃんに、咲ちゃんの家族が! 優しいママとパパと仰天お利口お兄ちゃんとお姉ちゃんと相棒が。



クリュッグのシャンパン、ケースで持って来てください
(嘘です。着払いで送りつけないでください。)

やきもちシマシマはTV台の下に立てこもり、その後、匍匐前進で姿を消しましたが、咲ちゃんは、「こうしておもちゃで遊びます。」「サッカーのドリブルが得意です。」と自己アピールをきちんとし、苦手ななでなでにも挑戦。
百点満点のお見合いでした。

ミィちゃんは最後にちゃんと家政婦は見たスタイルでご挨拶したものね。
ほまれさんは…ほまれさんは…ほま…ほまほま…。

咲ちゃんを見つけてくださったママは、大家と到底同じ人種と思えない、素直な可愛らしい方で、咲ちゃん自慢のママになるに違いないのであります。

小さなお兄ちゃんとお姉ちゃんも、咲ちゃんが嫌がらないように、って一生懸命でした。
それを暖かく見守るパパさん。

先住君にはちょっとした試練になるかもしれませんが、そもそもおめーのせいだよと怒られるかもしれませんが、おばちゃん、祈ってる!!

お届けまで大切にお預かりさせていただきます。

【募集おかげさまで終了♡】咲ちゃん 飼い主さま募集 revised ( コメント : 0 )

咲ちゃんを迎えることをご検討くださっている超センスの良い方へ




咲(a.k.a. さだ坊) 約2歳 ♂ 4.7 kg
好みのタイプ: 熟女

お申し込みは以下リンクより:
ペットのおうち
いつでも里親募集中

咲は、「二匹目を迎えたいけれど、うちの子大丈夫かしら…。」という猫飼いさんにとっては、天からの遣いに見えるお猫さまのように思います。

咲は、人にベタベタするタイプの猫ではありません。(しかし、人嫌いなわけでもありません。いつの間にか人のお腹に顎をのせてガーゴン喉を鳴らしながら寝ていたりします。
お膝猫を求めている方には不向きかもしれません。猫らしい猫、とでも申しましょうか。)
猫が大好きで、引き籠もったりせず、上手に距離を取って先住猫にご挨拶が出来ます。
縄張りに入られて不快感丸出しの先住猫との距離を無理に縮めようともせず、しかし、諦めるわけでもなく、健気にアプローチを続ける子です。

ただし、先住猫が引き籠もってしまう場合もあります。
一週間程度、自分の猫が引き籠もってご飯も食べない…という状況に耐える自信のない方は、そもそも二匹目は考えない方がよいかと思います。
猫なぞ、一週間引き籠もったって何でもなし。一週間引き籠もってこそ猫、と言えましょう。(キリっ

続く ↓

追記を表示

Appendix

りたぼん看板娘

Extra

since 05/30/2007

Profile

author :mii's mum


こちらの応援を是非★


Recent Entries

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Monthly Archives


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。