Entries

スポンサーサイト ( コメント : - )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C3263] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015-05-27 15:00
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://miietxxx.blog100.fc2.com/tb.php/969-38919841
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

SUGURU 闘病記 3 ( コメント : 1 )

WEEK 2
最初の2週間は、乳び胸の診断が下らず、肺炎の治療をしていました。

5月16日(土)
○胸部レントゲン写真
○血液検査
○抗生物質2種 処方(前回とは異なるもの)
*体重 2.75kg

肺炎を引き起こしている細菌に対して薬が有効であるかどうかを確認。
結果、改善はなし、むしろ若干悪くなっているとの診断。

新しい抗生剤を出してもらう。


このまま薬が効かなければどんどん苦しくなって、最期も苦しみながら、と考えるだけで何一つ手につかない。

非常に親身になって休診日でもいつでも連絡をとおっしゃってくださる獣医さんで、その点気持ちが救われた。
でも、このまま何も、何一つ苦しみを取り除いてあげることが出来ずに終わるのは耐えられない。

5月17日(日)
ジュエちゃんが大変お世話になった動物病院へ電話。傑の現在の状況をお伝えして、セカンド・オピニオンをいただけないかお願いする。翌日、院長先生(先生、日曜日はご不在)に診ていただくことに。


*この時点で、乳び胸なんて聞いたこともなければ、ナンデスカソレ? ただ、傑の咳はひどくなっておらず、気休めに行っていたもぐさ棒灸がそこまでの威力があるとは思えず。さらには、血液検査で炎症値(CRP)は先週すでに高かったが、白血球数に異常がないのはおかしい!と家人が騒ぎ立て。
 人間の気休め部分が大きかったものの、結果、セカンド・オピニオンをもらわなければ今はなかったのかも、という展開に。セカンド・オピニオンの重要性を思い知る。

IMG_2987_convert_20150526100021.jpg

1件のコメント

[C3263] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015-05-27 15:00
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://miietxxx.blog100.fc2.com/tb.php/969-38919841
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

りたぼん看板娘

Extra

since 05/30/2007

Profile

author :mii's mum


こちらの応援を是非★


Recent Entries

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Trackbacks

Monthly Archives


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。