Entries

スポンサーサイト ( コメント : - )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://miietxxx.blog100.fc2.com/tb.php/809-2ebbd62b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

気仙沼(3) ( コメント : 0 )

津波の話。

海の家のマスターや、常連の漁師さんたちは、消防団。

自身、ご家族と一緒に避難所に避難していたところ、足下に水が来たと思った次の瞬間流されて、そこからご家族それぞれ奇跡的に生還された方も。

消防署も被災して使い物にならず、警察も自衛隊もなかなか入ることができなかった気仙沼。
消防団がそれらが果たすべき役割を果たすべく動き続けたことがお話から伺えました。

「捜索活動ーっていっても遺体の運搬だよな。7時間やって、休むんだけど、休むっていっても仮眠でよ。」

「最初、ほんと食べるものがなかったねぇ。一日おにぎり一個とかでね。
 いくらなんでも、ってんで、途中で二個になったねぇ。」

消防団はみんなの後。
暖をとるのも、食事をとるのも。

そんな話も常にユーモアまじり。

「あの(助かった)ばあちゃん、重かったよな~。」
なんて笑って。

自宅が流されて「俺、うちないんだよ? 俺、まじかわいそうだっちゃ!」と笑顔で話す方の語気が一度だけ荒くなったときがあった。


被災地における強盗、略奪。

このことに話が及んだ時だけ、「卑怯だ。」と。



RIMG2227.jpg

気仙沼湾。

<まだ続くよ>

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://miietxxx.blog100.fc2.com/tb.php/809-2ebbd62b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

りたぼん看板娘

Extra

since 05/30/2007

Profile

author :mii's mum


こちらの応援を是非★


Recent Entries

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Monthly Archives


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。