Entries

スポンサーサイト ( コメント : - )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウネちゃんの命日 ( コメント : 7 )

今日はウネちゃんの命日。

地震の時、 なぜかウネの写真だけが落っこちてきた。 まわりにあったもっと落っこちてもよさそうなものは何も落ちてこなかったのに。

ミィ叔母ちゃんがくれたインドの神さまと一緒に落っこちてきた。


ウネちゃんはお空でけっこうママのために働いてくれていると思う。

うん。

ウネちゃん、 ありがとね

スポンサーサイト

FUKU お外大好き♪ ( コメント : 3 )

フクシマ君 土や草地が大好き。

IMG_0517.jpg

自然なこと、 だよね。

一生懸命、 クンスカクンスカして、 せっせとおしっこかけて、 後ろ足でさっさか土かけてます。 この辺ではちょっとワイルドな感じだけど、 大家はフクシマ君の好きにさせてあげたいと思う。

だってこの笑顔。

IMG_0523.jpg


この子の笑顔を消すことなく、 ちゃんとご家族の元に届けなくては!

追記を表示

FUKU フクシマ君プロフィール(2) ( コメント : 0 )

福島県にて保護されたフクシマ君。

RIMG1925.jpg

これも保護団体に確認が取れていませんが、 保護時にこちらの首輪をつけていた可能性があります。

RIMG1901.jpg

*最初から お座りとお手が出来ました

*老齢の割に元気です

*おトイレが完全外派なので、 たぶん、 お外で飼われていたと思います。 お外大好き
 自由にのんびり過ごしていたんじゃないかな~。

飼い主さんへ
フクシマ君は、 とってもいい子にしています。 ご心配なさらないでください。
フクシマ君のことだけでも、 ご安心いただければ嬉しいです。
東京で大切にお預かりさせていただいています。
すぐにフクシマ君と暮らせなくても、 ぜひ会いにいらしてください。
こちらにいらっしゃるのが難しければ、 フクシマ君、 そちらに連れて行きます。

FUKU フクシマ君プロフィール(1) ( コメント : 0 )

 しばらくの間、 この記事をトップに置きます。 最新のフクシマ君の様子はこの下の下へ!

この子の飼い主さんを探しています!

保護場所: 福島県 (おそらく南相馬市:保護団体の確認は取れていません)
保護日:  4月半ばと思われます
保護団体: 犬猫みなしご応援隊

犬 種: 雑種 (ふさふさの茶色・垂れ耳・お鼻は黒)
性 別: ♂(未去勢)
年 齢: 推定少なくとも8歳、 おそらく10歳以上
体 重: 8.5kg (痩せています)

RIMG1909.jpg
*人見知りがまったくありません。 可愛がってもらっていたのでしょう。

RIMG1906.jpg
*横顔。 お耳が可愛いです

追記を表示

FUKU 希望 ( コメント : 3 )

フクシマ君、 飼い主さんと思われる方のご家族と みなしご救援隊さんを通して連絡が取れました!

直接お会いしていただくまで、 断言はできませんが、 大切な大切なわんこを探していらっしゃる方と、 大好きなご家族を待つフクシマ君の双方にとって、 嬉しい結果になることを願っています

フクシマ君のことをご心配くださっているみなさまには、 確認がしっかりと取れるまで、 いましばらくそのまま見守っていただけますよう、 どうぞよろしくお願い申し上げます

また、 フクシマ君を通して、 福島県のみなさまが置かれた状況の大変さを肌で感じることになりました。 わたしたちが日々、 不自由なく電気が使えているその代償を福島の方々に払わせている東京の住民としては、 できることがあれば、 させていただきたい―そう思っています。

わたしだけでなく、 このブログを覗いてくださる方はみな同じ気持ちだと思います。

どうか、 迷惑だなどとお考えにならず、 わたしたちにお手伝いをさせていただけますよう、 よろしくお願い申し上げます

FUKU フクシマ vs. 大家 仁義なき戦い その後 ( コメント : 4 )

仁義なき戦い続いております。
ちびたまの母さまご推薦、 チーズは 大家が圧倒的勝利を納めました


しかし、 ここでニュース です。

フクと一緒に、 ぞろぞろ東京にやってきた子たち(7頭) 多かれ少なかれ、 フクシマ状態だということが判明しました。

NOカリカリ運動を展開しているようです。 (すなーっ!)

ほんなら、 ぶっかけご飯の猫まんま???
―食べません。

福島県限定の カリスマ・ドッグフード(???)たるものが存在するのでしょうか?!
福島県の愛犬家のみなさま方、 いかがなんでしょう?! 


フクシマは、 獣医さんでいただいていたデビフの一個200円近くするシニアご飯限定で、 ドッグフードを食べます。
フクシマの体重だと、 それだけで食事を済ませる場合、 3.5個/day 「以上」 となります。

フクシマ、 危機管理上、 そして何より、 大家の財布に悪いので それは止めていただきたい。

RIMG1920.jpg
おばちゃん、 なんでそんなケチなの~

アホーっ!
ケチちゃうわい!

<戦いは続く>

FUKU フクシマ vs. 大家 仁義なき戦い 乳製品編 ( コメント : 4 )

フクシマ君、 偏食大魔王道まっしぐらです

これまでの星取表を見てみましょう

獣医さんおススメ ヨーグルト:  
 乳製品控えめ大家、 フクシマのために買って帰ったヨーグルト、 朝食にしました。

これなら栄養も摂れるわ! 高齢犬用ミルク: 
 見向きもされませんでした。 
 チームが飲んでくれれば無駄にはなりませんんが…。

乳製品はダメなのか?! と思いきや・・・

追記を表示

葵ママ ― メゾンの恩人 ( コメント : 2 )

なぜいきなり個人名(?)がタイトルなの?
しかも、 ご本人の了解は得ていない。(ごめんなさい!)

葵ママは、 わたしが日本における動物愛護(or 保護活動)が何であるのかを、 文字通り 何一つ知らないままに始めた 「預かりさん」 になってから、 ほんの数カ月後、 当時の職場で生まれて初めて拾った仔猫の飼い主さんになってくださった こちらも文字通りの 「恩人」 である。

神さまの計らいって・・・・・・っと、 その後、 何度思ったことか。

昨夏、 わたしの不注意で 預かりわんこのティニーを失踪させてしまった。


「冷静に」 と言われて 「はい。」 と答えるも、 実際は魂の抜け殻状態のわたし。 二次被害まで出して、 傍目には亡霊状態だったかと思われる。


葵ママは、 真夏、 ケアが必要なご自宅の毛むくじゃらを娘さんに託し、 駆けつけてくださった。

そして、 何一つ言わず、 ただただ、 しかし、 すれ違う方すべてに声をかけ、 ちらしを配り、 情報収集を呼び掛けて、 でもそれ以外は黙々と、 わたしの隣をひたすら歩き続けてくださった。


わたしは、 一生忘れないと思う。
ボケたって忘れないと思う。

あの暑い夏、 何も言わず、 ただただわたしの隣を歩いて 一緒にティニーを探してくださった葵ママのことを。

いや、 ボケたら、 この話をするのかも!


追記を表示

FUKU 僧帽弁閉鎖不全症 ( コメント : 3 )

フクシマ君、 お薬が効いて、 翌日朝から おしっこ元気に黄色です!

さて、 フクシマ君は僧帽弁閉鎖不全症だろうと思われます。

僧帽弁閉鎖不全症は、あらゆる犬種に発生する可能性のある後天性の心臓病で、左心房と左心室の間に位置する僧帽弁が変性して生じる弁膜疾患である。4~5歳齢をピークに、加齢とともにその発生が増加する。
(獣医さんでいただいた説明のコピー)

フクシマ君の場合も、 原因は おそらく 「老齢」。

フクシマ君の推定年齢は 「絶対8歳は行ってます」 から上、 って感じで、 若く見えるけど、 実は11歳とか12歳もありうる、 って感じらしいです。

いいなー、 フクシマー。
大家さんにその秘訣を教えてくれろ。

追記を表示

FUKU フクシマ君膀胱炎 ( コメント : 4 )

フクシマ君、 土曜日の夜から 出血。

フクシマ君がメゾンに来るまでかかっていた病院にはちょっとした手違いで行けず、
いつもお世話になっている病院へ

おそらく膀胱炎との診断。

そうでなくとも初期治療が抗生物質投与は一致する、 ということで、 お薬をもらって帰ってきました。

おそらくストレスが原因でしょう。

フクシマ君。

どれだけのストレスだっただろうか。
いや、 過去形ぢゃない。
ストレスだろうか。

可愛いお顔したいい子ちゃんだから、つい忘れそうになる。
でもそれぢゃ、 フクシマを守れない。

追記を表示

FUKU 偏食小食フクシマ君 ( コメント : 4 )

フクシマ君は、 メゾンにやってきてすぐ抱っこはできるわ、 2時間後にお口ア~ンしてお薬飲ませられるわ、 人恋しくてちょっぴり吠えても諦め早いわ、 何も手のかからない子です。

だからこそ思います。

可愛がられていた。

RIMG1904.jpg


そんなフクシマ君、 カリカリ一切食べません。
ウェットフードも、 口をつけないもの、 ちょっとだけ食べて後残してしまうものばかり。

病院で食べていたというご飯も、 あまり。。。

ご近所の犬飼さんに話したら、 そこのお家の偏食ちゃんが食べると言う半生フードを出してきてくださって、 その場では喜んで食べたフクシマ君。

「いいから持っていきなよ。」 とせっかく一袋もいただいたのに、 帰ってご飯皿に入れたら食べない。

フクシマ君が勢いよく食べるのは オヤツだけ!!!
鶏肉のオヤツ!


いわゆる猫まんまを食べていたんぢゃないか疑惑もありますが、 ご飯つぶは好きではない模様。 まだお味噌汁はあげてみていないのですが、 試してみる価値はあるのか…。

食べたくないご飯の入ったお皿は、 いつも鼻先で押しやられて部屋のへんなところにあります…

フクシマ君、 これだけ困ってます。


FUKU フクシマ君の宝もの ( コメント : 0 )

フクシマ君と飼い主さんをつなぐと思われるのは、 唯一この首輪。

RIMG1902.jpg

きれいな水色。

RIMG1901.jpg


シルバーで骨模様。

こんな可愛い首輪を選んでくれた飼い主さん、 どれだけ心配されているだろう。

フクシマ君、 犬猫みなしご救援隊による保護番号が 「117」 なのだけれども、 まだこちらのHPにはアップされていない模様。 保護は4月23日以前だと思う。

保護された地域が分からない。

もちろん、 放浪していた場合、 保護された地域とお家の住所が違うかもしれないし、 土地勘のないボランティアさんが保護した場所の住所に関して100%正確でない可能性もある。

でも、 少しでもいいから手がかりが欲しいなぁ。

まだ保護を待つ子たちもたくさんいるのだろうけれど、 フクシマ君の一生に関わる大事な情報、 早く欲しい。

RIMG1905.jpg

どんな情報でも 心当たりでも フクシマ君とご家族が再会できる鍵、 待っています。



FUKU フクシマ君登場! ( コメント : 2 )

本日メゾンにやってきた預かりっこは じゃーん!

IMG_0507.jpg

犬猫みなしご救援隊により 福島県退避20km圏内にて保護されたわんこです。

福島県から来たからフクシマ君。

フクシマ君がお世話になっている動物病院の先生が彼をそう呼ぶのを聞いて、 そのまま採用です。

IMG_0508.jpg

フクシマ君は、 垂れ耳です

大家は、 犬猫みなしご救援隊のお手伝いをされている方をお手伝いされている方のお手伝い―という位置づけです。 なので、 フクシマ君が保護されたときの情報を正確に手に入れることがまだできていません。
(公的機関への登録は済んでいるとのことです! スクリーニングも受けています。)


フクシマ君をお預かりさせていただけたら、 と思った理由はただひとつ。

飼い主さんに、 この子が無事であることを知らせてあげたい! ―それだけです。


現在も保護中ということで、 正確な情報が大家まで降りてくるのに時間がかかりそうですが、 フクシマ君について分かることは随時アップしていきたいと思います。

どうか、 フクシマ君の飼い主さんに フクシマ君の無事を届けられますように!!!

猫神さまも力貸してねっっ!!

復活します(爆) ( コメント : 8 )

はい、 舌の根の乾かぬうちに。


めっちゃくちゃな日本語で わー! と書きたいこと書いたら
(いや、かなり自粛した―大人になったもんだ)
わー!と涙があふれ出てきて、 色々色々我慢してたんだなぁ、
いっぱい傷ついてたんだわ、 わたしって。

勝手にキレて、 勝手に大泣きしたら、 スッキリしました

もちろん、 ぢゃないですよ。
お別れの辛さでもなかった。


でもね、 あづきちゃんの新ご家族がとても素敵だったり、 
わたしにもできることが出てきたり、
新しい家族の決まったラリーが、 ママ、 ボク大丈夫だからがんばって!
って言ってくれている気がしたり。

進みます。

どしどし。

いや、 わたくしはダンサーなのだからして、 どしどしではなく軽やかに。

というわけで、 4日以降乞うご期待の新入りちゃんです!

Appendix

りたぼん看板娘

Extra

since 05/30/2007

Profile

author :mii's mum


こちらの応援を是非★


Recent Entries

Calendar

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Monthly Archives


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。