Entries

スポンサーサイト ( コメント : - )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNE 5月30日 ( コメント : 5 )

une 003

une 006

une 011

追記を表示

スポンサーサイト

UNE 10時過ぎに ( コメント : 0 )

ウネの肉体は、 煙になって、 消えてしまいます。

昨日の夜は、 ウネと2人で寝ました。
穏やかで平和で、 ウネがわたしを包んでくれているのが分かりました。

UNE 大好きなママのウネ ( コメント : 8 )


今朝、 4時15分 ウネが亡くなりました。

テンテン君かわいくなってます♪ ( コメント : 1 )

P1110039.jpg

この顔見たら、 説明不要、 ですよね~。

甘えた顔になってるぅ

追記を表示

UNE 漢方薬 ( コメント : 3 )

ウネちん、 漢方薬を処方してもらったのですが、 お薬はOリングテストで決めるんですよ~。

左手の甲をウネの背につけて、 手のひらに薬をもち、 右手で輪を作ってテスト。 いくつかの候補をそれで見定めたら、 次は、 二種類、 三種類と合わせて手にもって、 どの組み合わせが一番よいかをテスト。

ウネちん、 三種類の漢方薬と、 そしてこの病院奨励の マコモ(粉末)をいただいてきました。

追記を表示

UNE ストレス溜まってたぁ! ( コメント : 8 )

「はぁ~い、 ウネちゃぁ~ん♪」 とウネを診てくださった先生、 まず、 「相当ストレスが溜まっちゃってるねぇ~。 あらら~。」 と。



お留守番長いからな~。 あぁ~。

それに、 カテーテル入ってる違和感もあるんだろうなぁ。

しかし、 お灸して、 鍼して、 マッサージして、 もうその間のウネのゆ~ったりと気持ちよさそうなことといったら! の後でウネのお腹を触って、 先生ひとこと。

「うん、 すっかりリラックスしたね

追記を表示

UNE 鍼灸デビュー! ( コメント : 3 )

ウネりん、 今日、 わんにゃんに鍼灸治療をしてくださる荻窪にある動物病院デビューをしてきました。

感想。

最高

ウネ、 絶対にもう一度元気になる。
そう確信して帰ってきました。

でも、 飼い主さんは ゆったり構えて焦らず、 なが~く付き合っていく気持ちで、 ということでしたから、 はい、 大家 まず落ち着かなくては。

une 043

「気持ちよかったよ~ん。」

追記を表示

UNE 抗がん剤やめます ( コメント : 6 )

ウネちん、 大きな変化はなく風薫る5月を生きています。

でも、 少しずつ少しずつ体重は落ちています。
そして、 抗がん剤投与の後、 以前は最初の1週間は調子がいまひとつでも、 次の2週間はわりと元気でした。 それが、 がん細胞やっつけ < 元気な細胞やっつけ になってきたのかな…と思うようになりました。

まだ、 抗がん剤を打てない状態ではありません。

でも、 ウネと話し合って、 投与はやめることにしました。

でも、 それはウネがよくなることをあきらめたわけではありません。
ママは信じてますから。

最後の抗がん剤投与前は、 台所までやってきて何か食べたそうにしていたり、 ミィ のご飯をのぞきに行ってたウネ。

最後の投与後、 ぱったりそれがやんでしまったのが一番気になりました。

その後、 食欲増進剤を処方していただいたこともあり、 特定のオヤツだけならお口からも食べます。 カテーテルから入れるご飯も戻しません。 だからまだ行ける。

ウネには何より、 みなさんがついていてくださるから。

UNE ぼちぼちです ( コメント : 4 )

ウネちん、 ぼちぼちやってます。

元気がなくてしょんぼりしてしまうこともありますが、 こんな風に人によじよじできるときはです。

une 037

ウネがこうしていると必ず ミィ がチェックに来ます。

追記を表示

大好きなコロンへ ( コメント : 5 )

いやな時間にミィ叔母から留守電が入っていると思ったら、 とんでもない訃報だった。

メゾンの卒業生、 まだ2歳のコロンちゃんが、 悪性リンパ腫で危ないと聞いたのはその前日だった。

yuzu 057

本当に茶白?白茶?らしい、 ただただかわいい子だった。 仔猫のやんちゃ盛りにメゾンにいて、 悪いこともいっぱいしたのだろうけれど、 かわいかったことしか覚えていない。 いたずらしてもただかわいかったんだと思う。

最高のお宅へいった。 露ほどの心配もしないでよい、 素敵なあったかい、 お膝のたくさんあるお家へ。 

溺愛されていた。

yuzucolon 046

長尻尾の美しい子だった。

またリンパ腫。

若さがその進行を早めて、 ウネおばはんを追い抜いて逝ってしまった。 骨と皮だけになって、 どこにそんな力があるの?という状態で、 ママに歩み寄って、 懸命にスリスリした翌日にコロンちゃんは逝った。

しばらく実感はなくて、 でも、 ご家族が心配で、 特にコロンの恩人の娘さんが心配だった。 発症してからできることはすべてして、 できることがなくなってすぐ、 コロンちゃんの肉体が視界から消えてしまって。

そして、 また少し時間が経って、 コロンちゃんの写真をみたりして、 せっかくあんなに素晴らしいお家で毎日楽しく過ごしていたのに、 みんなに毎日笑顔をプレゼントしていたのに、 それでなぜこんなにも突然お空に帰らなくてはいけなかったのかと、 そんなことを思っていると叫びたくなる。



コロンちゃん、 ありがとう。
本当にありがとう。

Appendix

りたぼん看板娘

Extra

since 05/30/2007

Profile

author :mii's mum


こちらの応援を是非★


Recent Entries

Calendar

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Trackbacks

Monthly Archives


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。